日本ヘアエピテーゼ協会☎03-6388-0842:MailLinkIcon

ここが違います


━━━細部にまでこだわり抜いた素材

  • ヘアエピテーゼの部分ウィッグ(カバーピース)は、ホルモン治療などで薄毛になってしまった髪を、自然の毛量に戻すと同時に、より若々しいよりオシャレに

  • スタイルにアンチエイジング
  • ヘアエピテーゼはなによりも髪にこだわりました。不自然な光沢をなくすために、素材は上質のポリエステルを使い、表面に特殊なキューティクル加工(特許)を施しました。さらに風合いまでも徹底してこだわり、髪の毛の成分とおなじ成分のタンパク質をコーティングして、世界でも類のない髪の毛と瓜二つの人工毛に仕上げています。
  • 右写真をクリックすると拡大で見れます
  • また耐熱温度は160℃。一般的なアクリルやナイロンのように、70〜80℃で髪がダウンすることはありません。お風呂や温泉にも入れます。
  • 耐熱温度 :160℃(マックス180℃)
  • ブレンド比:人毛30%+人工毛70%




━━━すべてが手作業の植毛

  • 生え方にもこだわりました。人間の髪のような自然な流れと遊毛感(アレンジできる髪の遊び)を得るために、すべて職人による“手植え植毛”。一本一本丹念に植毛し、つむじまで再現しています。