医療用ウィッグの製作

あれ?あれ?・・・大丈夫です!

柏店のブログの更新です⇩

 

今日はまた朝から強い日差しです。

少し前に柏駅で行われていた「氷の祭典」での作品の1部です。

目だけでも涼しさを感じて下さいね

 

今日のブログは70代のAさまのお話。

 

現在治療中とのことで、外出許可をいただいての製作です。

男性の場合は女性よりも頭の大きさが大きい場合が多いので、いくつかのウイッグを試着して、きつくないウイッグを選んでいただき、ご希望により、その日のうちにご製作となりました。

A様の場合ですと、残念ながら年齢相応の髪の色や白髪の量にはエピテーゼはぴったり対応できるというわけではありません。

ただ、アクテイブな生活を送られていたA様は、外に出る機会や会う人が多いので、脱毛したお姿でいるよりは、ウイッグを被っていることはわかっても、それでもお似合いでA様らしいウイッグをということで、製作させていただきました。

 

初めは、前髪も少し長めにはお作りしていたのですが、

やはり前髪は年齢相応のかなり短めのおでこが広めになるスタイルをご希望で、ということで、しっかり短くして・・・

これだったら大丈夫・・・・ということで、とりあえず今の髪の脱毛の状態によって、また後日サイズ調整や修正をということでその日はお帰りになりました。

 

治療中外出される方は、時間に制約がありますし、その日のうちにウイッグのお手入れの仕方や取扱いの方法などいっぺんにマスターして頂くのは難しいものです。

そんな時、先ずはご本人のご希望の優先順位を優先させていただきます。

 

A様に限らず、ほとんどの方はウイッグを被られるのは初めてのことです。

「これから治療のために脱毛するから」

と担当の先生から言われても、なかなか心の準備ができないままウイッグの製作になることが多いと思います。

 

ウイッグの製作の時にご説明したり、ウイッグの被り方を何回か練習をしてみても、(しっかりウイッグの被り方やウイッグの扱い方など、)すぐに、全てを把握してお使い頂ける方ばかりではありません。

ましてや年齢が上の方や男性の方などは特に難しいと思います。

 

 

A様には、何回か被る練習をしていただいて・・・・

それ(かぶり方)を後ろからしっかりチェックしている奥様・・・

その後はウイッグの洗い方を奥様と一緒に見ていただいて・・・

 

「襟足なんかかっこいいわよー!ほんとの髪見たいだわー・・・素敵よお父さん・・・💕」

 

と奥様。

 

お帰りはお食事に行かれるとのことでした。

素敵なご夫婦ですね。

何かお困りのことがありましたら、またすぐに連絡下さいね。

ご本人様にも、ご家族様にも・・・

安心をして頂ける場所でありたいです。

 

美容室ありす

千葉県柏市大津ヶ丘3-7-9
TEL:080-3608-1628
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
Medical wig hair-epithese
脱毛しても安心できる医療用ウィッグの地域医療美容相談室
医療用ウィッグを必要とされている方をサポートするNPOの全国サロンです。
お気軽にお電話ください。

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会ホームページ 

-医療用ウィッグの製作