医療用ウィッグのご相談 医療用ウィッグのサポートとメンテナンス

忘れていませんか?

横浜・泉店のブログから⇩

 

先週は姪っ子の幼稚園最後の運動会。

『いつも来てくれない。』と必ず言われ続けていましたが、少し時間が取れたので見に行く事が出来ました♪

 

いつもはオチャラケ担当の彼女…
いかがなものかと思いながら観てると
いつもと違う顔の彼女に感動し、涙したのは言うまでもありません。

 

hair-make untrois ヘアメイクアントロワ
木村ゆかりです。

 

ヘアエピテーゼを制作する時に、サイズの調整をほどんどの方がされています。

製作するタイミングにもよりますが、髪がある状態とない状態では、サイズが変わってしまい違和感の原因になる場合があります。

 

 

このサイズ調整は発毛時にも言えることです…

 

先日もウイッグ卒業を考えていらっしゃるお客様がご来店下さいました。

 

自髪が伸びてきてウィッグが滑ってしまう感じがあるようで、常に気になってウィッグを引っ張っていらっしゃるそうです。

 

ウィッグを拝見させて頂いたら、ネープにあるアジャスターが脱毛時のままになっていた事が発覚!

 

全く気にしてなかったです~

 

と。

 

ご用意されたウィッグが少し大きく、アジャスターをつめて使われていたままで、アジャスターの存在を忘れていたそうです。

 

 

アジャスターで調整している方もいらっしゃいますので、サイズに違和感を感じたらアジャスターの存在を思い出して見てくださいね。

 

 

 

ウィッグのこと、外見ケアこと、様々なお悩みのご相談をお受けしてます。

 

 

hair-make un trois
ヘアメイク アントロワ

 

横浜市泉区和泉中央南3-14-23
ウエブ https://salon.hair-epithese.com/untrois/
tel 045-805-5583
mail:untrois0318@gmail.com

 

報道資料一覧

 

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会取扱店一覧です。
https://www.hair-epithese.com/support/list.html
お近くの再現美容師が外見ケア(アピアランスサポート)を通して
治療で失った女性らしさを取り戻し快適な治療生活が送れるよう活動しています。

-医療用ウィッグのご相談, 医療用ウィッグのサポートとメンテナンス