医療用ウィッグのご相談 医療用ウィッグの製作

☆ 再現美容の素晴らしさ ☆

福岡店のブログから⇩

 

 

先日、治療に入り既に脱毛が始まっていると言うM様から連絡をもらいました。

2つネットでウィッグを購入したものの、ウィッグの毛質が、テカテカとしたツヤがあって被っても違和感があるから、自信がないとの事を聞きました。

念の為、購入されていた2つのウィッグも持参してもらうように伝えました。

ご来店され初めてエピテーゼを手にされた時に、ウィッグの作られたツヤ感もなくて、とても自然で違いますねと仰り、急遽製作となりました。

自毛のスタイルはボブよりも少し短めに治療前に胸下まであったロングヘァをバッサリ切ったとの事

でも、ロングヘァを自分で毛先を軽くして、アイロンをかけて仕上げるのがとても大好きだったと知り、その時の画像を数枚見せてもらいましたが、とてもよく似合っていました。

 

でも、自毛を既に短くしてしまってるからね。

 

と言われた表情が寂しそうに感じました。

 

では、エピテーゼをロングヘァに製作して、短くしてたけど、やっぱり落ち着かずエクステ付けたんよって笑いながら言ったらいいじゃないですか?😃
お手入れがやっぱり大変って感じたら、スタイルチェンジしたらいいじゃないですか✂️
長年ずっとロングヘァをされていたんだし、先ずはロングヘァで製作して、自分でアイロンをかけて見てみましょうよ😃

 

その提案は、良かったのか悪かったのか未知ですが、もとの姿に戻してあげる事が、再現美容であり私の役割。

 

 

アイロンの手付きが本当にお上手で見入りました✨👀✨

根元の方向性も自由自在にコントロールされて、

「何が思い出してきましたよ〜❗️😃こんなだった🍀」

とても嬉しそうな表情でした。

その後、毛量を確認しながら細かく調整し、サイズも、調整しました。
ハチが張りやすかったからこの辺りは特によく自分の髪の毛もストレートアイロンで押さえてたのよ。
その部分のサイズも、左右3ミリずつ縫ってみたら、ハチが小さくなりましたね〜凄い❗️

このような、互いのコミニュケーションから、もとの姿に着実に戻っていきます。

 

 

今度、再会する時には、もっともっとMさんのお好みの状態に馴染んでいるはずです。

 

馴染んでいくっていう医療ウィッグって中々ありません。スタイルが再現しやすい毛質に私も毎回感動しています😃🍀✂️
とても有り難くとても嬉しいです✨✂️✨

 

M様、週明け、さらっとエクステ付けたんよって笑いながら言えますように…💝

 

 

 

hair care lien(ヘアケア・リアン)
ウエブ https://salon.hair-epithese.com/lien/
福岡市早良区城西3丁目1-33 フローレンス城西 1F
TEL:092-407-7962

 

2011.5.27
毎日放送VOICEで紹介されました。
「今を美しく…」美容師の思い

2010.5.
スーパーニュースで紹介されました。
「女性の心 支える“活動”とは」

2010.9.30
NHK京都放送で紹介されました。
「乳がん経験を生かす美容師」

 

報道資料一覧

 

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会取扱店一覧です。
https://www.hair-epithese.com/support/list.html
お近くの再現美容師が外見ケア(アピアランスサポート)を通して
治療で失った女性らしさを取り戻し快適な治療生活が送れるよう活動しています。

-医療用ウィッグのご相談, 医療用ウィッグの製作