医療用ウィッグのご相談 患者様からの声

2つ目のウイッグを製作させていただくということ

千葉・柏店のブログから⇩

 

 

昨日から降り続いていた雨は、今日の午前中まで続いていました。

今朝早くからご予約の方も雨の中来ていただくので心配でしたし、10時半から参加させていただくパルシステムさんの講演会(アミュゼ柏)の参加される方のことも心配でした。

そして何より心配なのは大勢の前で話すのが苦手な村井があがらずに話せるかどうかが・・・・

行動力の速さとパワーにはかなり自信がある村井ですが・・・

まあその話は後日。

さて、ここのところ、2台目のエピテーゼの製作が続いていました。

もちろん初めにエピテーゼでウイッグを作られて、もう一つ欲しいということで、1ケ月後くらいに同じスタイルのウイッグを作られて、2つを交互に使用されている方はいらっしゃいましたが、

今回の方々は理由はそれぞれです。

残念ながら再発されて、治療の様子を見ていたが全脱毛ではなくても、やはり薄くなっている頭頂部が気になる、もしくはこれからまた脱毛する薬を使用すると言われました…

副作用による脱毛以外にも脱毛症や円形脱毛の方も、仕事があるので毎日365日朝から晩(もしくは深夜まで)までかぶっている方はやはり退色もあり、このまま使い続けるのにカラーをしたり増毛したりしてもやはりお金はかかるので、新しく作りますとのことでも製作させていただいています。

医療用ウイッグエピテーゼを取り扱い始めて3年近くなり、1年前以上に製作させていただいた方からのご連絡はとてもつらい思いをされている方が多いですが、そんなときに村井を思い出していただいて本当に良かったです。

今回は再発された方のお話です。

再発がわかって・・・

抜けるかどうかまだわからないのだけれども・・・

全部抜けないのだったら部分ウイッグみたいので間に合うかなあ・・

今まで使った(2年くらい)ウイッグのお直しをしたらどのくらい・・・

もし新しくウイッグを作るのだったら・・・

今の髪はどうしようかなあ・・・

いつくらいにウイッグを作ればいいかなああ・・・

ばれない時はいつが・・・

こんな会話は2度目だからこそ一緒に考えられる・・・

1年間サポートさせていただいたから、その方の生活や環境を教えていただいていたから・・

そして悔しい気持ち・・・

あきらめてウイッグを受け入れるとき・・・

そんなお話を聞きながら、少しでも

「あなたらしいウイッグ」

「気に入っていただけるウイッグ」

そんなウイッグをまた一緒に製作させていただきます。

 

 

涙声でお電話いただくとき・・・

相談するとき、村井を思い出していただいてありがたいです。

 

美容室アリス
ウエブ https://salon.hair-epithese.com/alice/
千葉県柏市大津ヶ丘3-7-9
TEL:080-3608-1628

柏店の茶話会&イベントの予定
https://www.hair-epithese.com/blog/posts/950

 

報道資料一覧

 

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会取扱店一覧です。
https://www.hair-epithese.com/support/list.html
お近くの再現美容師が外見ケア(アピアランスサポート)を通して
治療で失った女性らしさを取り戻し快適な治療生活が送れるよう活動しています。

-医療用ウィッグのご相談, 患者様からの声