医療用ウィッグのサポートとメンテナンス

ウィッグが縮れるとスタイルも上手く決まりません

東京・日野店のブログから⇩

 

 

こんにちは、再現美容師の池田友季子です

秋から冬にかけての寒さや空気の乾燥の時期は人工毛やMix毛のウィッグにとっては毛先が傷みやすい時期になります。

年末ともなると毎年風物詩のようにウィッグの縮れメンテナンスでいらっしゃるお客さまも増えてきます

毎日使っていると知らず知らずのうちにウィッグが痛んで『なんかゴワゴワしてるかな?』という具合に手触りの感覚しか分かりません。

でも、実際のところウィッグが縮れると毛先が絡まって束のようになるのでキレイな毛流れが出にくくなるので不自然なスタイルになりやすいのです。
しかも気づかぬうちに…

先日メンテナンスでお越しくださったお客さまのウィッグの後ろ姿を、メンテナンスのBefore & After としてお写真でお見せしたらすごく驚いていました!

Before

After

 

知らぬ間に傷んでいるウィッグの形に慣れてしまうんですね。

メンテナンスで元の(忘れかけていた)スタイルに無事戻りました

本日もブログを読んでくださりありがとうございます。

メンテナンスはやっぱり大事なんです!
気付かない日々の慣れってコワイですねぇ。
ウィッグも、そして体型も

 

ル・トレフルのホームページが出来ました!
ご予約やお問い合わせに関しましてはコチラをご覧ください。

報道資料一覧

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会取扱店一覧です。
https://www.hair-epithese.com/support/list.html
お近くの再現美容師が外見ケア(アピアランスサポート)を通して
治療で失った女性らしさを取り戻し快適な治療生活が送れるよう活動しています。

 

 

-医療用ウィッグのサポートとメンテナンス