医療用ウィッグのサポートとメンテナンス

ウィッグは帽子でも傷んできます

東京・日野店/池田さんのブログから⇩

 

 

〜脱毛の不安を安心に変える〜
東京都日野市で医療ウィッグ作製と治療後のご自髪ケアで『いつもの私』をサポートするル・トレフルの池田友季子です🍀

ここ数日は比較的暖かな日が続いていましたが、今朝は急に温度が下がりまだ2月だったことを思い出しました。
私は勝手に今シーズンの東京の冬は雪も降っていつもより寒い冬だと思っていました。
長野県でウェディングのお仕事をしていたときに着付けの先生が『カメムシが多い季節は大雪降るのよ!』って言っていて、まさに昨年の秋はカメムシをよく見かけていたので密かに大雪を警戒していたのですが、今のところ東京では雪はほとんど降っておりません。。。
ここのところ寒暖差がある日が続くようになったので、もしかしたらこのまま徐々に春になってしまうのかなぁ〜なんて思ったりもしています。
なんだか難しい季節です・・・。

 

寒い季節になりますと、コートやマフラーの防寒着の活躍が増えますが合わせて帽子などを被る方も多いのではないでしょうか?
アトリエのお客様でも帽子好きの方もいらっしゃいまして、医療ウィッグに色々な帽子を合わせて楽しんでいます☺️

ただ、
寒い季節は乾燥する季節でもありますので、特にウィッグに帽子を被られる方は毛先だけではなく帽子が当たる髪の表面全体が傷んでくる傾向があります。

 

先日、ウィッグメンテナンスをされたIさまも帽子をよく被っていらっしゃるのでウィッグの髪の表面が広範囲に傷んでいました。


人工毛が入っているウィッグは摩擦で傷んできますので、こちらのウィッグも全体的にゴワゴワバサバサと重たい感じになっていました。

Iさまのウィッグはお作りしてもう少しで1年。
サービス期間最後の縮れお直しです!

傷んでゴワゴワと伸びきってしまった内巻きカールも綺麗に復活✨

内巻きカールを活かしてちょっとアレンジ!
束間を作って動きを出してみると・・・


ちょっとの違いなんですけどね。
美容師さんやヘアメイクさんはこんな事をするのが好きだったりもします🥰

 

お気に入りのウィッグほどよく使うのでこの季節は特に傷みやすいです。
帽子などで広範囲に傷んでしまったウィッグは酷くなる前に早めのメンテナンスをお勧めします。
ウィッグが長持ちしますよ♪

他社ウィッグのメンテナンスも行なっております。
お気軽にご相談ください🍀
(ウィッグの種類によっては施術が出来ないものもございますのでご了承ください)

 

❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️

ル・トレフル
東京都日野市旭が丘2-3-13
ご予約やお問い合わせに関しましてはコチラをご覧ください。

 

報道資料一覧

 

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会取扱店一覧です。
https://www.hair-epithese.com/support/list.html
お近くの再現美容師が外見ケア(アピアランスサポート)を通して
治療で失った女性らしさを取り戻し快適な治療生活が送れるよう活動しています。

-医療用ウィッグのサポートとメンテナンス