医療用ウィッグのご相談 医療用ウィッグ卒業:自髪デビューとケア

Tさまのウィッグ作製からご自髪デビューまで

東京・日野店/池田さんのブログから⇩

 

 

こんにちは、再現美容師の池田友季子です

今年の夏は暑いですねぇ
この暑さでのウィッグ生活は本当に過酷なものです。

全国各地で高温が続いた先日、清々しく初めてのショートカットでご自髪デビューをされましたTさま。

今回は、Tさまのウィッグデビューからご自髪デビューまでをご紹介したいと思います。

○ 2017年 5月上旬 『ウィッグ相談』

5月の中旬に化学療法が始まるということで、5月上旬にご主人とご一緒にウィッグのご相談で始めてアトリエにお越しくださいました。

まだ脱毛することに対して心の準備が出来ていないTさまに、病院では『脱毛しますのでウィッグを用意してください』と複数の医療ウィッグのパンフレットを無造作に渡されたそうで、その時の悲しいお気持ちをお話ししてくださいました。
今となっては過去のお話しとなりましたが、まだ化学療法が始まっていないのに当時のTさまは直ぐにご主人に『バリカン持ってきて!』と連絡をしてしまったそうです。

アトリエのウィッグ相談は、いつ頃どのように脱毛が始まりウィッグをいつ頃用意すれば良いのかなどをお客さまにお伝えしています。
また、ライフスタイル(お仕事をしている・子育てをしている・たまにしかウィッグを使わない・365日ウィッグを使う etc)をお聞きすることでどのようなウィッグを求めているのかを聞いたりしています。
Tさまは、体調が落ち着いたら仕事に戻りたいというお気持ちをお話ししてくださいました。

脱毛前のTさまはロングのストレートヘア。
ボリュームや動きの出にくい髪質でした。
《脱毛前のご自髪》

同じ髪質を再現するなら『ストレートのヘアエピテーゼNewロングウィッグ』、今まで自髪では出来なかったふんわりヘアにして、あえてイメージチェンジをするなら『くせ毛のヘアエピテーゼロングウィッグ』とご提案をさせていただきました。

 

○ 2017年 5月下旬 『ウィッグ作製①』

化学療法が始まって10日目以降の比較的体調が安定してくる脱毛直前のタイミングでウィッグ作製をしました。
(ご希望で治療前にウィッグを作られる方もいらっしゃいますが、治療開始後でも脱毛が始まらない時期までご自髪で過ごされるのも1つのご提案としてさせて頂いてます。)

ウィッグの髪型は、『パーマをかけてイメチェンしたの』と言えばウィッグとバレにくだろうという思いと、今まで出来なかったスタイルをウィッグで楽しみたいという思いでヘアエピテーゼウィッグの『イメージチェンジのふんわりミディアムヘア』でご希望されました。

《ヘアエピテーゼウィッグ》


緩めのふんわりウェーブで柔らかいミディアムヘアに仕上げました。

ウィッグの中のご自髪はもうすぐ脱毛が始まりますので、お顔周り以外はかなり短くカットしてあります。

○ 2017年 6月上旬 『ウィッグ作製②』

後日、Tさまよりご連絡を頂きまして『今まで自分に無かったふんわり感がなかなか馴染めなくて…』と、イメージチェンジはしたけれどご自身がふんわりスタイルに馴染めず改めてご自髪の質に近いヘアエピテーゼNewロングウィッグでもう一度ウィッグを作製しました。

《ヘアエピテーゼNewロングウィッグ》


根元からのボリュームも収まり、元々のご自身の髪型に近づきました。

Tさまのご自宅にはこれで2台のヘアエピテーゼウィッグがあることになるのですが、これを境にしばらく初代くせ毛のウィッグは私が差し上げたボーズ頭のカット練習人形の上にずっと被せてあったそうです。

(ボーズ頭のカット練習用人形改めOHAGETAN)


どうやら差し上げた人形に練習生の名前が書いてあったようで、初代くせ毛のウィッグはお子様たちに川西くんと名付けられたそうです。

ちなみに、メインで使っているNewロングウィッグはTちゃん頭ちゃん、脱毛中のTさまの頭はおハゲたんと呼ばれていたそうです。

なかなかセンスのあるネーミングですね
私のアトリエにあるボーズ頭の人形もあやかって、『OHAGETAN』と名付けました(笑)

○ 2017年 7月 〜 2018年 2月 『ウィッグのメンテナンスと調整』

ウィッグ作製後は、縮れ直しやウィッグのシャンプー&トリートメント&ブロー(有料)などのウィッグメンテナンスにお越しくださいました。

そして、2月に川西くんをご自髪デビューに向けての慣らしウィッグ用にカット、Tちゃん頭ちゃんを3センチ程切って肩くらいのボブにリフレッシュしました。

《川西くんをショートボブにカット》


《Tちゃん頭ちゃんをボブにカット》

 

○ 2018年 3月 〜 6月 『ウィッグとご自髪の両方のケア』

少しづつご自髪も伸び始め、ウィッグメンテナンスと一緒にご自髪をウィッグの色に合わせるためにヘアカラーを始めました。
この頃からご自髪デビューのヘアスタイルをイメージして『夏には外したいねー』なんてお話をしていました。

○ 2018年 7月 『ウィッグ卒業 〜 ご自髪デビュー』

初めてのショートヘアでご自髪デビュー!!

脱毛前はストレートだったTさまも、治療後はやっぱりくせ毛ちゃんになりました。

クセを活かしたショートスタイル、可愛らしく素敵に決まりました ♫

 

ウィッグを初めて使う日も緊張しますがウィッグを脱いでご自髪になるときも緊張するものです。

ご自髪で外を歩いた時の気分はどうでしたか

ご自髪デビューは『これからの私』への第一歩。
ウィッグは買って、作って、終わり。ではありません。

ご自髪デビューまでサポートをさせて頂き、私も再現美容師として嬉しい限りです!
また、ご自髪ケアでお待ちしていますね。

これからも再現美容師として、皆さまのサポートを頑張りたいと思います!

写真のご協力ありがとうございました

ル・トレフルのホームページはこちらです!
ご予約やお問い合わせに関しましてはwww.atelier-letrefle.comをご覧ください。

 

❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎
【医療用ウィッグ ヘアエピテーゼ】
☆ ウィッグ料金・・・120,000円(税別)1年間のウィッグカット・サイズ調整・縮れ直しのメンテナンスのサービス込み

ブラック・ダークブラウン・ライトブラウンの3色

ウィッグ作製までの流れはコチラ

NPO法人 ヘアエピテーゼ協会 ホームページ

抗がん剤治療の副作用での脱毛や脱毛症その他でお悩みの方に…

医療用ウィッグ ヘアエピテーゼでナチュラルで自然なヘアスタイルをお作りしております。

医療用ウィッグの制作・ウィッグ相談・自髪デビューに至るまでの様々なお悩みに対応しております。

完全予約制のプライベートサロンですので安心してご来店いただけます。

また、他社のメーカーのウィッグカットやサイズ調整も承っております。
(ウィッグによってはお断りをさせて頂く場合もございます。)

《医療用ウィッグと治療後のご自髪ケア専門のアトリエサロン》
le trèfle (ル・トレフル)
池田友季子

ル・トレフルのホームページ www.atelier-letrefle.com

不定休
(お電話・メールでご確認お願い致します。)

東京都日野市旭が丘2-3-13
(P 1台有ります。)

電話 090-9830-2704
(接客中などで電話対応が出来ないことがございます。その際は折り返しお電話を差し上げております。)

メール info@atelier-letrefle.com
(メールでのご予約・ご相談も承っております。)
※携帯電話のアドレスに返信をご希望の方で迷惑メール設定をされている方は返信が届かない事もございますので、ドメイン指定受信機能をご利用の方はatelier-letrefle.comをご登録願います。

当店はアトリエ(個室)での完全予約制となっております。
電話及びメールでのご予約をお願い致します。

《ご自髪ケアをご希望の方へのお願い》
当アトリエでは、これから脱毛が始まるお客さまのウィッグ作製のご予約を第一優先とさせていただくことがございます。
場合により、ご自髪ケア等のご予約のお客さまには日程及びお時間の変更のお願いをすることがございますが何卒ご理解とご協力の程宜しくお願い致します。

 

 

かつらの学校からのお知らせです。
●2018年後期生徒募集!
受講対象   プロのかつら美容師を目指す方
受講期間  一般コース2日間、プロコース(再現美容師コース)3日間
参加費     27,000円
申込ホームページ https://www.hair-epithese.com/school/

 

💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚

ル・トレフルのホームページ
ご予約やお問い合わせに関しましてはコチラをご覧ください。

 

報道資料一覧

 

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会取扱店一覧です。
https://www.hair-epithese.com/support/list.html
お近くの再現美容師が外見ケア(アピアランスサポート)を通して
治療で失った女性らしさを取り戻し快適な治療生活が送れるよう活動しています。

-医療用ウィッグのご相談, 医療用ウィッグ卒業:自髪デビューとケア