医療用ウィッグのサポートとメンテナンス

今の時期に多いウイッグの絡みの悩み(5)

千葉・柏店/村井さんのブログから⇩

 

 

さて、ただ今美容室ありすはお休みをいただいて、今日も遅い夏休み中ですが、せっかくですから普段は「なかなか更新出来ないブログ」を書くつもりです。

画像とネタ(みなさんに知っておいていただきたいことなど)はたまっているのですが、お店での仕事やウイッグの下準備にかなりエネルギーを使っているので(おばさんだから体力が・・・)、さあいざブログを書こうとPCに向かう前にベットに向かってしまいます。

そうそう、夏休みの溜まった宿題がそのままの学生時代の様な感じで・・・

年はとっても人間はそうそう簡単には変わらないものです!(泣)

さてさて前回の続きです

注意することは「ウイッグの扱いは毛先から少しずつ」ですね!

・まず髪を裏側、表面からと両面荒歯で梳かしておく(大まかに梳かしておいて絡み難くする。時にはオイルや洗い流さないトリートメントなどを使います)

・軽くほぐれたら、次に金ブラシで毛先から少しブラッシングします。この時も少しづつ束に分けてブラッシングすると絡みにくいですね。特にカールがついている場合はこの梳かし方が良いです。

これでブラッシングでウイッグに付いたホコリなどの汚れはだいたいが取れてしまいます。

医療ウイッグで「洗わなくてはならない場所」は自分の頭皮からの皮脂の汚れのつく場所なんですね。

この場合、汗や皮脂の汚れだけでなく「抗がん剤やクスリの匂い」が気になる方もいます。

「毛穴から匂いが・・・」

そんな方にもウイッグの毛が絡まないように、かつウイッグの匂いを取ってさっぱりと洗って欲しいですね。

この夏やこれからの行楽シーズンに多い焼肉やバーベキューとかで付いちゃうウイッグの匂いは、しっかりウイッグの髪に付いちゃうので、
匂いのつく恐れのある場合には、
あらかじめ髪を束ねておいたり、帽子を被ったり、髪をバンダナで覆ったりすることをオススメしますね。

またはエピテーゼでなく、第2のウイッグ(これはまた後日)を被ったり・・・

脂のある匂いはなかなか取れにくいですからね!

・話はだいぶそれましたが、さて、つぎにブラッシングしたウイッグの毛を結わきます

・そして泡だてたシャンプー液の中にウイッグの裏側(人工頭皮の部分)が外側に出るようにして浸します。

注意/画像ではわかりやすいように液を少なめにしてあります。

この時結わいた髪を左右にしておくとその後ウイッグを扱いやすいです。

そしてこのまま全体をシャンプー液に浸けておきます。(5分くらい)

少し経ったら人工頭皮の部分の中心を山折のようにします。

???

と思う方も・・・・

続きは次回に(╹◡╹)

 

❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤

美容室アリス
ウエブ https://salon.hair-epithese.com/alice/
千葉県柏市大津ヶ丘3-7-9
TEL:080-3608-1628

 

2017.9.25
柏市民新聞
市内で乳がん・婦人科系がん茶話会

2017.11.29
東葛まいにち
病気になっても自分らしく生きる

 

報道資料一覧

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会取扱店一覧です。
https://www.hair-epithese.com/support/list.html
お近くの再現美容師が外見ケア(アピアランスサポート)を通して
治療で失った女性らしさを取り戻し快適な治療生活が送れるよう活動しています。

-医療用ウィッグのサポートとメンテナンス