医療用ウィッグ卒業:自髪デビューとケア

美容室難民になっていませんか?

2018/09/26

東京・日野店/池田さんのブログから⇩

 

〜 抗がん剤治療で伴う脱毛の不安を安心に変える 〜
自然なヘアエピテーゼ医療ウィッグと治療後のご自髪ケアで『いつもの私』をサポートする、再現美容師の池田友季子です先日、ご自髪ケアのご相談でHさまより切実なメールをいただきました。

さっそくですが以下、一部メールの内容です。↓↓↓

はじめまして。
Hと申します。
2年前に手術をして抗がん治療が終わり一年半経ちました。
何となく行きにくくて一度も美容室に行けていません。自分や娘に後ろの方は適当にきってしまったり、クルクルした毛がモサモサ生えて10cmです。
現在はウィッグが手放せません。

生えている髪の毛についても悩みがあるので、ご相談しながらカラーやカットをお願いできればと思います。自毛デビューしたいです💦

 

『私と一緒だ!』
と、思われた方は美容室難民の経験者ですね。

治療後の生えてきた髪の毛は今までと違った癖毛でクルクルとした髪質で伸びてきます。
また、中途半端に伸びた髪は例えようのない髪型になっているので脱毛された事を知らない美容師さんに事情を説明するのもちょっと面倒くさいですよね…。
その為、なかなか相談できる美容室が見つからなくてウィッグからはみ出してきた所をご自身やご家族に切ってもらって対処されている方も珍しくありません。

それでも脱毛してから頑張って生えてくれた愛おしい髪の毛。
Hさまに似合うよう少しづつ癖毛の様子を見ながらカットして、少し明るめのカラーをして軽く仕上げました。

『スッキリしました!また、こちらに来てもいいですか?』とHさま。

もちろん、是非またご来店くださいね

病院では脱毛中に必要なウィッグの紹介はしてくれますが、治療後の自髪ケアに関してはとくに何もありません。

ル・トレフルでは、ヘアエピテーゼウィッグ作製はもちろん、ウィッグメンテナンスからウィッグ卒業(ご自髪デビュー)までしっかりサポートさせていただきます。

『先にこちらを知っていれば…』と最初のウィッグのお店選びに後悔される方は少なくありません。

辛い治療ですので、なかなか治療後のことまで考えられないのは当然です。

私は、少しでも『美容室難民』の方が減るように、これから治療をされる多くの方に最初のウィッグのお店選びがとても大切な事だと言う事も知ってもらえると嬉しいです。

 

❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️

ル・トレフルのホームページ
ご予約やお問い合わせに関しましてはコチラをご覧ください。

 

報道資料一覧

 

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会取扱店一覧です。
https://www.hair-epithese.com/support/list.html
お近くの再現美容師が外見ケア(アピアランスサポート)を通して
治療で失った女性らしさを取り戻し快適な治療生活が送れるよう活動しています。

-医療用ウィッグ卒業:自髪デビューとケア