その他

訪問美容の扉を開く

東京・日野店/池田さんのブログから⇩

 

 

〜脱毛の不安を安心に変える〜
東京都日野市で医療ウィッグ作製と治療後のご自髪ケアで『いつもの私』をサポートするル・トレフルの池田友季子です🍀

あっという間に桜が満開の季節となりました🌸

4月になればこれから新しい学生生活や環境を迎える方もいらっしゃいますが、新しいことを始めるということはそれなりに大変なことも多いですよね。
しかし、環境の変化は今まで知らなかった世界が広がるきっかけでもあります。
コロナ禍にも負けず前に進んでいきたいものですね。(私も頑張る!)

そんな私も先日、兼ねてより学びたかった訪問美容という新しい扉を開いてまいりました💪🏻

『訪問美容』とは、国家試験に合格した理美容師が施設や病院・個人宅へ出向きご高齢や体の不自由な方などへカットやカラー・パーマなどの施術を行う事で、普段のサロンワークとは違って正しい介助や理美容知識がとても必要な分野です。
高齢化社会に伴いこのような分野が美容業界でも増えており、私の知り合いの美容師さんでも個人で出張して施設でお仕事をされている方が数人います。

なぜこの資格を取得しようと思ったのかというと、
以前、入院されている患者様のご家族より病院でのウィッグ作製のご依頼をいただいたことがあり、残念ながらその方はウィッグ作製をすることなくお会いする前に他界されてしまいましたが、その時色々と準備を進めてはいましたが果たして訪問美容の知識がなくてもできるものなのかと疑問を感じ今回しっかりと訪問美容について学ぼう!と思ったことがきっかけでした。

今回、受講してみて感じたことはとにかく想像よりも遥かに繊細なお仕事で、気配り・気遣い・コミュニケーションが必須ということ。
車椅子やベッドで寝たきりのままでのシャンプー方法や介護ベッドや車椅子の使い方、認知症の知識のお勉強などなど盛り沢山な1日講習会でしたが、
出張ご依頼も含め、身近な人がもしもの時でも美容師と訪問美容の資格を活かして貢献できる濃い内容ばかりでした。

今まで経験してきた美容室などのサロンワークやウェディングなどのヘアメイクのお仕事とはまた別世界な訪問美容。
そういえば、専門学校で毎朝『美容の世界に終わりはありません!』ってみんなで教訓を唱えていたな〜なんて思い出してしまいました🤣
26年を経て、ある意味この教訓の素晴らしさも再認識出来て良かったです🌈
しばらくこのフレーズが頭の中でぐるぐる回りそうです。

 

❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️

ル・トレフル
東京都日野市旭が丘2-3-13
ご予約やお問い合わせに関しましてはコチラをご覧ください。

 

報道資料一覧

 

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会取扱店一覧です。
https://www.hair-epithese.com/support/list.html
お近くの再現美容師が外見ケア(アピアランスサポート)を通して
治療で失った女性らしさを取り戻し快適な治療生活が送れるよう活動しています。

-その他