医療用ウィッグのご相談

育てるウィッグ

東京・日野店/池田さんのブログから⇩

 

 

〜 抗がん剤治療で伴う脱毛の不安を安心に変える 〜
自然なヘアエピテーゼ医療ウィッグと治療後のご自髪ケアで『いつもの私』をサポートする、再現美容師の池田友季子です

新しいウィッグを被ると、なんとなく今までの自分と違う??って感じてしまうことがあります。

きっとそれは、ウィッグの膨らみだったり分け目だったり毛量だったりと『いつもの自分の髪型でなはい』のが原因です。

作製時にはなるべくお客さまの髪型に似せるように分け目や根元のボリューム感などを調整しながら下処理をしておきますが、新品ウィッグにはどうしても微妙にですが調整しきれない根元のクセが出てくることがあります。

でも、安心してください

ウィッグは使うほど頭に馴染んできますので不自然に感じたわずかなボリュームも収まってきます。

ウィッグは作って終わりではありません。

メンテナンスやウィッグの気になるところの修正を繰り返すことで更にウィッグが馴染んでご自身の髪のようにナチュラルな仕上がりになっていきます。

『ウィッグを育てる』

という感覚ですね。

『私らしいウィッグ』を作るのには、ちょっと変ですが『ウィッグを育てる』というニュアンスの言葉があっているのかなぁ〜なんて思います

 

❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️

ル・トレフルのホームページ
ご予約やお問い合わせに関しましてはコチラをご覧ください。

 

報道資料一覧

 

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会取扱店一覧です。
https://www.hair-epithese.com/support/list.html
お近くの再現美容師が外見ケア(アピアランスサポート)を通して
治療で失った女性らしさを取り戻し快適な治療生活が送れるよう活動しています。

-医療用ウィッグのご相談