医療用ウィッグのサポートとメンテナンス

ウィッグの被り方で見え方も変わります

東京・日野店/池田さんのブログから⇩

 

 

〜脱毛の不安を安心に変える〜
東京都日野市で医療ウィッグ作製と治療後のご自髪ケアで『いつもの私』をサポートするル・トレフルの池田友季子です🍀

 

ウィッグを被っていて
『なんか重たい...』
って感じたことないですか?

『重たいので軽くしてください』と
ウィッグカットをご希望される方も多いのですが

本当は毛量だけの問題ではなく
他にも原因があることがあります。

まず一つは
ウィッグの被り方が間違っているということ。

ご自身の生え際よりウィッグを深く被りすぎると
顔まわりが重たく見えます。

 

イメージとしては
眉毛より指4〜5本上くらいが目安☺️

抗がん剤治療の脱毛前に
ご自身のおでこの広さを確認されておくとイイですよ✨

ウィッグは
正しい位置で被らないと
重たく不自然に見えちゃいますよー。

 

❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️

ル・トレフル
東京都日野市旭が丘2-3-13
ご予約やお問い合わせに関しましてはコチラをご覧ください。

 

報道資料一覧

 

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会取扱店一覧です。
https://www.hair-epithese.com/support/list.html
お近くの再現美容師が外見ケア(アピアランスサポート)を通して
治療で失った女性らしさを取り戻し快適な治療生活が送れるよう活動しています。

-医療用ウィッグのサポートとメンテナンス