医療用ウィッグのサポートとメンテナンス

ウィッグの縮れってどんな感じ?

東京・日野店/池田さんのブログから⇩

 

〜 脱毛の不安を安心に変える 〜
東京都日野市で医療ウィッグ作製と治療後のご自髪ケアで『いつもの私』をサポートするル・トレフルの池田友季子です🍀

寒い冬の季節となりますと首まわりの暖かい衣類を着る機会が多くなります。

そうすると、とくに人工毛を使っているウィッグの場合はどうしても摩擦などで内側の毛などが傷む事が多くなります。

そのようなお話を初めてウィッグをご使用になられるお客さまにお伝えすると、

ウィッグの傷みって、どんなふうに傷むのでしょうか?

と、ご質問をお受けする事があります。

傷み方としては、人毛の枝毛や切れ毛のような感じとは違って毛先がゴワゴワと縮れる感じです。

(内側の毛が縮れた様子です)

(毛先を濡らして縮れの様子をわかりやすくしています)

(縮れメンテナンスの前と後です)

スタイルによって傷む面積は違ってきますが、ミディアムくらいの長さですと擦れる面積が多くなりますのでどうしても内側の縮れが大きくなりやすいです。

ウィッグが傷むとヘアスタイルも決まりにくくなります。

でも、画像のような縮れの程度でもメンテナンスをすれば元にもどりますよ

手触りがゴワゴワしてきたなぁ…
と感じたら縮れのサイン。

ウィッグのメンテナンスをお勧めします。

早めの対応で大切なウィッグを綺麗に保ちましょう!

。゜*。 。゜*。 。゜*。 。゜*。

 

❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️

ル・トレフル
東京都日野市旭が丘2-3-13
ご予約やお問い合わせに関しましてはコチラをご覧ください。

 

報道資料一覧

 

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会取扱店一覧です。
https://www.hair-epithese.com/support/list.html
お近くの再現美容師が外見ケア(アピアランスサポート)を通して
治療で失った女性らしさを取り戻し快適な治療生活が送れるよう活動しています。

-医療用ウィッグのサポートとメンテナンス