医療用ウィッグのご相談

ふとしたケガでウィッグが必要に!!

東京・日野店/池田さんのブログから⇩

 

 

〜 脱毛の不安を安心に変える 〜

東京都日野市で医療ウィッグ作製と治療後のご自髪ケアで『いつもの私』をサポートするル・トレフルの池田友季子です

早いもので2月も後半となりました。

花粉も飛び始め、花粉症の方達には辛い季節となりました。

私もここ数年で花粉症になってしまったので、いろいろと対策はしているのですがなかなか辛い時もあります

昨日はお客さまより、花粉症対策でお手製のメディカルハーブのクリームをいただきました。

ありがたく使わせていただきます

 

。゜*。 。゜*。 。゜*。 。゜*。

先日、お急ぎでウィッグをお作りしたいとKさまよりメールでご連絡をいただきました。

抗がん剤治療による脱毛や脱毛症などでウィッグが必要になられる方が多い中、Kさまの場合はケガをされたご様子で、頭部の3分の1をバリガンで剃られてしまったので急遽ウィッグが必要となってしまったそうです。

医療ウィッグは脱毛以外に、頭部のケガや手術によって突然必要になる事もあります。

ご来店くださったKさまの頭部を拝見すると、おでこの上から横にかけて大きく手術をされた痕があり前のほうだけをバリカンで刈り上げた状態でした。

『このままでは出かけられる髪型ではないので困りました・・・。』

確かに、このままの髪型では帽子も外すことも出来ないです。

ケガのきっかけは、ご自宅の階段から落ちた事。

慣れている場所だけに、ふとした事で大怪我となってしまいウィッグが必要となってしまいました。

今回ケガをして、当たり前の生活が実は当たり前じゃないんだなぁって分かりました。

いつもどおりの生活の中で、ちょっとした不注意が原因でからりと生活が変わってしまう事。

私も、今回すごく学ばせていただきました。

ウィッグも、なるべくいつものKさまのように耳に掛けられるショートカットで仕上げさせて頂きました

ウィッグがあれば、これで安心して外出できます。

『いつもの自分』って、とても大切ですね。

 

❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️

ル・トレフル
東京都日野市旭が丘2-3-13
ご予約やお問い合わせに関しましてはコチラをご覧ください。

 

報道資料一覧

 

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会取扱店一覧です。
https://www.hair-epithese.com/support/list.html
お近くの再現美容師が外見ケア(アピアランスサポート)を通して
治療で失った女性らしさを取り戻し快適な治療生活が送れるよう活動しています。

-医療用ウィッグのご相談