医療用ウィッグ卒業:自髪デビューとケア

ウィッグ卒業後のスタイル

横浜・泉店のブログから⇩

 

 

毎日、雨ばかりの横浜です。

こんな日は、ゴロゴロしながらなつの大好物♪高校野球観戦♪
テレビの前でドキドキハラハラしながら、見てるはずなのに寝落ちしていたりして…
夏の醍醐味でしょうか。

 

hair-make untrois ヘアメイクアントロワ

木村ゆかりです。

 

夏になるとウィッグ卒業のご相談が増えます。

発毛状況には個人差があるため、ウィッグ卒業タイミングを何処にするかのひとつの要因として
夏のウィッグは暑さが伴うので
そこを目安として考えられるようです。

 

発毛時はクセが強くでてくる方が多いようで、スタイルによってストレートパーマや縮毛矯正が必要とされてきます。

 

先日、自髪デビューされた方はお仕事中に髪の毛をまとめたいとご希望がありました。

縮毛矯正にしてしまうと、まとめた時の雰囲気やゴムやピンを外すと跡が付きやすいので、柔らかなお薬を使っての施術をすることでパーマをかけたような質感を出すことでまとめて髪もダウンスタイルも可能になります。

発毛時の髪は繊細でダメージを受けやい場合があります、癖の状態によってお薬を設定します。

 

ウィッグを使う前は、縮毛矯正をかけていたお客様。

 

こんなカールが出るんですね。
今まではパーマをかけてもまとまりが出なくて扱いが大変だったけど
このカールは理想~♪

 

とても笑顔でお話されていました。

 

ウィッグ卒業後のスタイルで悩まれたりされていませんか?

何をすることでご希望のスタイルになれるのか…そんなご相談にも再現美容師にお任せ下さい。

 

 

髪の毛のこと、髪型のこと、ウィッグのこと、再現美容師が出来るお手伝いです。

 

 

hair-make un trois
ヘアメイク アントロワ
ウエブ https://salon.hair-epithese.com/untrois/
横浜市泉区和泉中央南3-14-23
tel 045-805-5583
mail untrois0318@gmail.com

 

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会取扱店一覧です。
https://www.hair-epithese.com/support/list.html
お近くの再現美容師が外見ケア(アピアランスサポート)を通して
治療で失った女性らしさを取り戻し快適な治療生活が送れるよう活動しています。

報道資料一覧

 

-医療用ウィッグ卒業:自髪デビューとケア