報道資料

HOME | 報道資料 | 資料15

自然なかつら

 

医療用かつらでがん患者支援

静岡の美容師松井さん

 
 
「全ての女性にいつもきれいでいてほしい」―。静岡市駿河区の美容師松井文子さん(45)は、「再現美容師」として、抗がん剤治療で脱毛した女性の髪が戻るまで、かつらの調整や心のケアに当たり、患者に笑顔を届けている。
再現美容師は、NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会(東京)が認定する。同協会によると、現在、全国で36人が活動している。県内では松井さん一人だという。治療前のカットから、“地毛デビュー”に至るまで、1年を通してサポートする。定期的な手入れでは、伸びる髪に合わせてかつらを調整したり、患者好みの髪形にしたりする。
美容師歴23年の松井さんが認定を受けたのは今年1月。常連客が乳がんを患ったことがきっかけだった。触るたびに髪がごそっと抜け落ちる。ストレスで苦しむ姿を見て、何もできない自分が歯がゆかった。そんな時、再現美容師の存在を知った。「せめて髪のことは安心してもらえたら」と、かつらの手入れ方法や病気、治療について学んだ。今は2人目の患者を支援している。
「つらい治療を受けているので頑張ってとは言えない。どこまで踏み込んでいいのか日々勉強」と接客の難しさも口にする。「女性は髪形一つで明るくなり、生活も変わる。自然で前向きな治療生活が送れる手伝いをしたい」。髪のケアを通して今後も患者にエールを送り続ける。

静岡新聞(2013.7.5)
 
連絡先は美容室ミルソンズポイント、電話054-251-5060
電子メールはmilsonspoint@milsons-point.com
LinkIconホームページ
 
 

NPO法人 日本ヘアエピテーゼ協会 報道資料