報道資料

HOME | 報道資料 | 資料27

自然なかつら

 

がん患者、美しい髪で支援

淵野辺の再現美容サロンが支援

 
 
「すべての女性にいつまでも美しくいてほしかった」、そう話すのはNPO法人日本ヘアエピテーゼ協会が認定する再現美容師・小田島侑香さん。抗がん剤治療で脱毛した女性の髪が戻るまで、かつらの調整や心のケアを通じて患者に笑顔を届けている。
同協会は再現性医療用ウィッグを推進する全国組織で、協会認定の再現美容師は県内に小田島さん含め3人しかいない。治療前のカットから、自毛を得るに至るまで一年通してサポートする小田島さん。定期的な手入れで、伸びる髪に合わせてかつらを調整したり、好みの髪形にもしてくれる。
「髪のことは安心して任せてください」。髪のケアから、患者にエールを送り続ける。
問い合わせは(070-5583-2852)へ。
 
タウンニュース(2015年4月14日)
 
連絡先はディスフルーテ、電話070-5583-2852
電子メールはimy-rbt-is.07v08@docomo.ne.jp
LinkIconホームページ
 
 

NPO法人 日本ヘアエピテーゼ協会 報道資料