NPOの活動 医療用ウィッグのご相談 医療用ウィッグの選び方 地域のボランティア活動

自分らしさを失わない

購入したウィッグが自分に合わないと
嘆く患者さんがたくさんいます。
困った時に相談できる場所が
NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会のサロンです。

 

 

こんにちは。Disfruteです。

今日は暑かったですね。
この時間になって少し雲が出てきて
風も涼しくなってきました。

明日からは梅雨空が復活のようです。

 

 

最近はいろいろなお問い合わせをいただいて
いるのですが、

他社のウィッグを買ったのだけどしっくりきませんと
お電話いただいた方もいらっしゃいます。

 

治療が始まるからと急いで購入したウィッグが
気に入らず、いくつか購入するもしっくりこない。
だんだん脱毛が始まり、人の目が気になり家にこもりがちに。

そんなお話をよくお聞きします。

不安なお気持ちでウィッグを選んでいたところ、
ヘアエピテーゼの自然さに驚き、使い心地のよさに感動しました
と先日もご来店の患者様から言っていただきました。

 

ヘアエピテーゼは頭の形、サイズに合わせて縫って調整をします。

ヘアエピテーゼに出会って人目を気にせず日々を過ごされて
いる方がたくさんいらっしゃいます。

 

みなさまの悩みや不安が少しでもなくなってほしい、
ヘアエピテーゼをもっと多くの人に知ってほしいと思って
います。

 

近隣の病院にパンフレットも設置させていただいております。
お手にとってご覧ください。

北里大学病院(化学療法室)

相模野病院(外科受付、化学療法室)

海老名メディカルプラザ(化学療法室)

 

Disfrute ディスフルーテ

042-810-6347または
070-5583-2852
disfrute01@gmail.com

接客中など電話に出れないこともございます。
折り返しご連絡させていただきます。
ご了承ください。

 

 

-NPOの活動, 医療用ウィッグのご相談, 医療用ウィッグの選び方, 地域のボランティア活動