医療用ウィッグの製作

くせのある髪質でも大丈夫

九州・熊本店/嶋田さんのブログから⇩

 

 

京町で医療用ウィッグの制作とメンテナンスをおこなっているgrassy cafeのなおです。

お正月にご相談に来られた患者さまのウィッグの製作が終わりました。


制作の様子を患者さまのお嬢さんが撮ってくださいました。
ひとりでやっているとこんな写真はなかなか撮れないのでありがたいお写真です。

最初はこんなに長くストレートからの製作でした。

 

元々、ふんわりとしたくせのある髪質でカラーもされていたので、同じようになるのか少し心配されていましたが、近いお色のウィッグを選んでサイズ調整とベースカットだけしてあとの細かい製作はお預かりしておこないました。
第1回めの抗がん剤治療で入院されている間にパーマをかけお仕上げしておいて、退院日にお迎えしました。

気になるとこをカットしたり微調整をしたあと、つけたまんまお茶をしながらしばらく慣れていただきます。

いつものくせでかきあげては外れそうでドキドキされたりもありましたが、なんとか大丈夫そう。
お手入れの仕方など、ご本人とお嬢さんにお伝えして第1回めが終了しました。

「慣れないから不安!治療の度に来るかも!」って笑いながら仰って帰っていかれました。

もちろん遠慮なくいらしてください♪
今回地髪は残してありますので、脱毛が進んでくるとサイズ調整も必要になってきます。いつでも何度でもお気軽に相談にお越しください♪

 

❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️

grassy cafe
ウエブ https://salon.hair-epithese.com/grassycafe
熊本県熊本市中央区京町1-11-5
096-221-3496
メール info@grassycafe.com

接客中など電話に出れない場合は
折り返しご連絡いたしますので
留守番電話にメッセージを
お願いいたします。

 

報道資料一覧

 

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会取扱店一覧です。
https://www.hair-epithese.com/support/list.html
お近くの再現美容師が外見ケア(アピアランスサポート)を通して
治療で失った女性らしさを取り戻し快適な治療生活が送れるよう活動しています。

-医療用ウィッグの製作