医療用ウィッグの製作

安心の秘訣

東京・銀座店:千葉・本八幡店/木野さんのブログから⇩

 

 

ご不安な中
ご来店される患者様が続いています。

最初の段階では分け目やつむじは
が自然なほうが良いとのお声を
度々頂きます。

もちろん自然なものが必要です

ただウイッグを被りだすと
ずれない
ウイッグに見えない
など気にするところは
変わってくるケースが多いです。

K様
3週間近く入院して治療をする
特殊なガンのK様
特別支援学校でお子様を相手に仕事
をするとのこと
よく頭を触られるので
ずれない そして自然な物を
お願いしますとの事でした。

ウイッグには皆様思いがあります。
患者様の顔を思い浮かべながら
下準備をしていきます。
そしてウイッグを被っていただき
お顔の表情を確認してカットし行きます。
今回のk様も少しずつ
緊張がとけていくのを感じました。

木野
「いかがですか かなりフィット
したと思います。」

急に涙ぐむk様

「木野さん
ガンを宣言されても
涙は出ませんでした。
何でしょうここに来て今
自然なウイッグが出来て
なぜでしょう涙が止まりません
自分自身でわからなかったけど
髪が無くなる事に不安を
ずっと感じできたんだと思います」

k様の涙を見て
いろいろお辛かったんだ
ご自身の中でいろいろな思いを
消化する事がどれだけ大変だったか
近くにいてひしひしと感じました
そしてたくさんの不安の中
髪の不安も
大きな割合を占める
いつも感じでいる事ですが
今まで以上に強く感じた一日でした。
本当に良かった

次の日嬉しいメッセージがとどきました。


美容師冥利につきます
ありがとうございました。

今日の制作

 

❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️

アンジェリーク銀座店
東京都中央区銀座4丁目14-4
ファミールグラン銀座4丁目オーセンティア708
TEL:03-3547-3055 TEL:0120-243055

アンジェリーク本八幡店
千葉県市川市南八幡4-6-12
TEL:047-393-5777

 

 

2016.3.16
NHK「ひるまえほっと」で紹介されました。
「闘病する女性を支えたい」

2015.11.17
読売新聞で紹介されました。
「がん患者の髪 かつらで再現」

2014.2.24
朝日新聞で紹介されました。
「かつら作り通し、がん患者支える」

 

 

報道資料一覧

 

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会取扱店一覧です。
https://www.hair-epithese.com/support/list.html
お近くの再現美容師が外見ケア(アピアランスサポート)を通して
治療で失った女性らしさを取り戻し快適な治療生活が送れるよう活動しています。

-医療用ウィッグの製作