医療用ウィッグのご相談 医療用ウィッグの製作

タイミング

大阪・堺店/刀祢さんのブログから⇩

 

 

暑い日が続きます。
皆様、少し夏バテモード???
暑さに我慢強い私ですが、都会の暑さはムワッとしてさすがに少しこたえます
が、短い夏なんで、涼をとりながらおもっきり楽しみましよっっっ

今回はウィッグを用意するタイミングについて…

人それぞれですが、抗がん治療をする…と、決まったその時が準備していくのがオススメです。

各メーカー、色々ありますので可能な限り、実際に手に取ってみていただくのがよろしいかと思います。

お値段もピンキリですので、これから治療にも費用がかかってしまう…とゆう事も踏まえて、また、高いから良いってものでもないので、やはり実際に手にとって被ってみていただくのが良いかなと思います。

抗がん治療を始めて二週間ほどで脱毛が始まりますので、ロングヘアの方はそれまでに少し短く切っておくのがオススメです。

ヘアエピテーゼのウィッグをボブレイヤーに切ったものです。

脱毛が始まる前から用意しておくのが安心です。

脱毛が始まる前にウィッグを用意して被ると、こんな感じです。

地毛はネットでまとめてますが、髪の毛のある分、少しトップのボリュームが目立ちます。

が、実際にこれを被らなけばならない頃には地毛がなくなってきています。
そうなるとかなり量感が変わってきてて、このウィッグももう少しボリュームダウンするはずです。

一度減らし過ぎたり、切り過ぎたら、二度とのびる事のないウィッグです。
なので制作する時は少し重めでも、本格的に被らないといけないって頃にはもう少し軽くなるので、それを見越しての脱毛前の制作になります。

 

やはり、地毛があると少し、ボリューミー

そして本格的なら脱毛が始まったら、再度、ご来店いただきます。
地毛は邪魔にならないように短く切ってしまい、ヘアエピテーゼのボリューム感や長さの調整をします。
ここまでの地毛のカット、ヘアエピテーゼのカットは全て、サポートとして無料で受けていただけます。

もちろん、その後もヘアエピテーゼのカットの調整や毛絡みの修正は無料となります。
メンテナンスも必要となりますので、この後も通常の美容室に通っていただく感覚で2ヶ月に一度くらいはご来店いただくと、毛絡みなどの早期メンテナンスのきっかけともなりますので、次回のご来店のご予約をされる事もおススメします。

ちなみに、当店はお茶も美味しいのをご用意させていただいてます。
ゆっくりお茶を飲みながら、雑誌を読んでいただき、たわいもない会話も時折、挟みながらの時間を過ごしていただければ幸いかなと思っています。

こちらのウィッグ、常に置いてますので、お気軽にためしにいらしてください

そして暑い夏はまだまだ続きますが、時折聞こえるヒグラシの声でほっとする瞬間も夏ならでは。
夏が大好きです!

 

 

❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️

do la Mer(ドゥラメール)
大阪府堺市堺区甲斐町西3-2-34牧野ビル102
TEL:072-221-0855

 

報道資料一覧

 

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会取扱店一覧です。
https://www.hair-epithese.com/support/list.html
お近くの再現美容師が外見ケア(アピアランスサポート)を通して
治療で失った女性らしさを取り戻し快適な治療生活が送れるよう活動しています。

-医療用ウィッグのご相談, 医療用ウィッグの製作