その他 医療用ウィッグのご相談 医療用ウィッグの製作

医療用ウイッグに形状記憶パーマ? 

銀座/本八幡店のブログから⇩

 

 

ヘアエピテーゼのウイッグは基本的に
ポリエステル 7 と人毛 3のミックス

病院回りを長く続けていますと
どうしても病院でたくさんのウイッグを見ます

どうしても艶がありすぎる人工毛に違和感
を感じるのとサラサラすぎて
立体感がなく何とかした思いを
感じることが良くあります

前回東大の分田先生もかぶって
髪質の自然さに驚いておりました✨

人工毛は耐熱であれば熱 アイロンなどで
形を付け洗っても取れないように形状記憶
を付けることが可能です

ただ基本人工毛が柔らかいのと
立体構造になっていないので自然な
ボリュームが出ないのです
美容師的に言えば
柔らかい髪の方がすぐパーマが取れてしまう
感じでしょうか??

ヘアエピテーゼは人工毛にキューティクル
のようなうろこ状の加工を施し
世界でも初めてとも
言っていいい立体的にパーマがかけられる
ウイッグに仕上がっています

今回はどうやってパーマをかけるか
2回にわたってブログに書きたいと思います

人間の髪の毛とおなじ人工毛を
作れる職人さんは
現在は日本でただ一人

次回どうやってパーマがかけれるか
ご紹介したいと思います

 

 

 

アンジェリーク銀座店
東京都中央区銀座4丁目14-4
ファミールグラン銀座4丁目オーセンティア708
TEL:03-3547-3055 TEL:0120-243055

アンジェリーク本八幡店
千葉県市川市南八幡4-6-12
TEL:047-393-5777

 

2016.3.16
NHK「ひるまえほっと」で紹介されました。
「闘病する女性を支えたい」

2015.11.17
読売新聞で紹介されました。
「がん患者の髪 かつらで再現」

2014.2.24
朝日新聞で紹介されました。
「かつら作り通し、がん患者支える」

 

 

報道資料一覧

 

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会取扱店一覧です。
https://www.hair-epithese.com/support/list.html
お近くの再現美容師が外見ケア(アピアランスサポート)を通して
治療で失った女性らしさを取り戻し快適な治療生活が送れるよう活動しています。

-その他, 医療用ウィッグのご相談, 医療用ウィッグの製作