NPOの活動 医療用ウィッグのご相談

私たちはサポーター

神奈川・相模原店/井戸さんのブログから⇩

 

 

こんにちは。Disfruteです。

今日はなんだかムシムシします。
朝は涼しかったのに
なんだか梅雨のようです。

先日、ご試着に来ていただいた方から

他社を見に行かれた時

もっとも印象に残ったのは
担当者の言葉がとても営業的
だったとお聞きしました。

お仕事をされているので
土日の対応を尋ねたら
『ここはお休みなので
横浜へ行ってください』と

また今日決めたらいいと
かなり押されたようです。

言葉遣いや態度が悪いわけではなく
商売としては当たり前のこと
なのかもしれません。

ただ、寄り添う気持ちが
感じられなかった

これから治療をされる方が
お探しなのはウィッグですが、
それだけではありません。

自分の気持ちに寄り添ってほしい。

安心しておまかせしたい。

不安な気持ちでご相談に
来られているのです。

ウィッグは売って終わり
買って終わりではないのです。

まず優先すべきは
患者さまの願いだと
私は考えます。

その気持ちを知ろうとすること
理解しようとすることが
医療用ウィッグを扱う者にとって
必要だと思います。

日々、患者さまと接する者として
忘れてはいけないことと
再認識することができました。

 

Disfrute ディスフルーテ
ウエブ https://salon.hair-epithese.com/disfrute/
神奈川県相模原市中央区淵野辺4-14-20
042-810-6347または
070-5583-2852
disfrute01@gmail.com

接客中など電話に出れない場合は
折り返しご連絡いたしますので
留守番電話にメッセージを
お願いいたします。

 

2015.4.14
タウンニュースで紹介されました。
「がん患者、美しい髪で支援」

 

報道資料一覧

 

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会取扱店一覧です。
https://www.hair-epithese.com/support/list.html
お近くの再現美容師が外見ケア(アピアランスサポート)を通して
治療で失った女性らしさを取り戻し快適な治療生活が送れるよう活動しています。

-NPOの活動, 医療用ウィッグのご相談